NICIHAの商品と歩み

NICIHAの商品と歩み

その光にも、
次代のエネルギーにもNICHIA

日常に、光のある豊かさと歓びを。そのためにNICHIAは、20世紀中には困難といわれた青色LED、白色LED、紫外線LEDと、次々に世界的なイノベーションを創出してきました。そして今、光の質というニーズに先駆け、可視光を前提にした太陽スペクトルを実現した白色LED「Optisolis」や、植物育成に効果的な波長を設定したLED「Hortisolis」などの次世代商品を次々に誕生させています。そのコアとなる蛍光体、NICHIAが世界に先駆けた革新的な青紫色LD、そしてリチウムイオン電池用正極材料などの開発により、豊かな暮らしと産業を支え続けます。

主力商品

  • LED(窒化物発光ダイオード)

    LED
    (窒化物発光ダイオード)

    世界に認められるNICHIAの窒化物LED。例えば世界トップクラスのシェアを誇る白色LEDは、日常生活のあらゆるシーンで普及。また、植物育成に効果的な波長を設定した「Hortisolis」など、光の質を追求した次世代LEDを次々に創出しています。

  • LD(窒化物半導体レーザー)

    LD
    (窒化物半導体レーザー)

    新たな可能性を広げる、「LD」。LED開発で培った光デバイスの技術ノウハウを投入することでNICHIAが世界に先駆けたのが、窒化物半導体レーザー“LD”です。光ディスクストレージやレーザープロジェクタ用途だけでなく、産業用レーザーへの活用など、その可能性を拡大しています。

  • Li電池材料

    Li電池材料

    リチウムイオン電池用正極材料は、スマートフォン、モバイルパソコンなどの二次電池として広く利用されています。今後は電気自動車、エネルギー貯蔵用などの需要が期待されており、NICHIAも正極材料の世界有数のメーカーとして拡大展開を図っていきます。

  • ・蛍光体
  • ・光半導体材料
  • ・ファインケミカル(電子材料、医薬品原料、食品添加物)
  • ・金属錯体
  • ・真空蒸着材料
  • ・電池材料
  • ・磁性材料 他

歩み

本質の追究、挑戦。
それが、NICHIAのすべて。

since 1956

地元の石灰石から閃きを得て創業

創業者の小川信雄は、地元・徳島で産出される石灰石が結核の治療薬ストレプトマイシンと照明用蛍光体の原料になることに着目。1948年、協同医薬研究所を設立し、ストレプトマイシン用の無水塩化カルシウムの大量生産方式を確立するとともに、照明用蛍光体の原料である無水リン酸カルシウムの製法を開発する礎を築きました。1956年には、本格的な蛍光体原料の製造・販売に向け、「日亜化学工業株式会社」を設立しました。

地元の石灰石から閃きを得て創業

1966

光の基盤を築いた蛍光体

原料メーカーからのさらなる成長を目指し、1966年、蛍光灯用ハロリン酸カルシウム蛍光体の製造を開始。1970年には、数年間の試行錯誤の末にカラーテレビ用蛍光体の製造を開始。その品質で多くの企業から信頼を得て、国内トップの蛍光体メーカーとなっていきます。1985年には、蛍光体の生産量で世界第3位になるとともに100億円企業が目前に迫りました。

  • 光の基盤を築いた蛍光体
  • 光の基盤を築いた蛍光体
  • 光の基盤を築いた蛍光体

1996

世界を変えた光LED、そしてLD

蛍光体の応用分野の道を拓くために、1988年、本社内に実験プラントを設置。そして、20世紀中には不可能とされていた高輝度窒化物の青色LEDの開発に、1993年ついに成功しました。1996年には青色LEDと黄色に光る蛍光体を組み合わせた白色LEDを世界で初めて開発し、一躍、LEDのトップ企業へ。一方、2000年には業界初の窒化ガリウム系紫色半導体レーザーの開発により、LDの分野で革新の加速度を増していきます。

  • 世界を変えた光LED、そしてLD
  • 世界を変えた光LED、そしてLD
  • 世界を変えた光LED、そしてLD
光とエネルギーの次なる可能性へ

NICHIAの白色LEDは、今やあらゆる分野で普及。その可能性をさらに広げるのが、「あかり」としての質の時代に応える次世代のLED商品群です。LEDの優れた特性は、思い描いた光をピンポイントで制御できること。このメリットを活かし、ラインナップを充実させています。また、LDは、無限の可能性に満ちあふれた分野。電池材料は、EVの蓄電池をはじめ、スマートなエネルギー利用の明日を切り拓いていきます。

  • 光とエネルギーの次なる可能性へ
  • 光とエネルギーの次なる可能性へ
  • 光とエネルギーの次なる可能性へ