エンジニアの仕事[生産本部]

生産本部のエンジニアの仕事

近未来映画の世界を実現したくて入社。
それももう遠くない。

第二部門 生産本部 後工程製造技術部 
第一課
K.B.さん

2009年入社
中央大学大学院 理工学研究科物理学専攻 卒

日亜化学工業に入社した理由は?

近未来映画で、壁面やガラスに映像が流れていたり、壁面全体が照明になっていたりする街の映像を見て、こんな世界を実現したいと思い日亜化学工業に入りました。

仕事内容を教えてください。

後工程製造技術部は、工程設計や工程の改善、工法の開発や新規装置の検証導入を担当。LED商品を立ち上げるときに、どのような工程を歩んで、どんな装置を使って、どんな条件にすればつくれるかを考える部署です。高品質で、安定していて、よりたくさん、より安くつくることを念頭に置きながら仕事をしています。 今までと同じ装置や同じプロセスでつくれない場合は、新規の装置やプロセスを開発します。
第一課は、民生品と言われる照明やバックライトのLED商品を扱っていて、その中で私はパッケージにダイスを乗せて固める工程を担当しています。

心に残っているエピソードを教えて!

2年前、新製品の立ち上げで、これまでのプロセスや装置ではできない難易度が高いものをつくることになりました。条件を大きく変えて試してみても、それでも不具合しか出なくて…。夜遅くまで働く過酷な日が続きました。「いつになったら終わるんだろう」と不安になりつつも、何とか完成を迎えたときには達成感がありましたね。後日、そのLEDを使った製品が新聞に掲載されていて、「スーパーマーケットの照明で、食品の色がきれいに見える」と書いてあったので、とてもうれしかったです。

機械系の学生へメッセージをお願いします。

「案ずるより産むがやすし」と「失敗は成功のもと」は、学生のときからの座右の銘。仕事をするときも、いろいろ考えるより「とりあえずやってみよう」と思っています。たとえ失敗しても、「こうすると失敗するんだ」ということが分かっただけでOK。次につながるからです。

プライベートの過ごし方は?

子どもが二人いて、平日はあまり会えないので、土日は必ず子どもたちとコミュニケーションを取るようにしています。以前は、会社の人たちと、高知にカツオを食べに行ったり、但馬まで航空ショーを見に行ったり、高野山に癒されに行ったり(?)していました。

ページのトップへ