エンジニアの仕事[生産本部]

生産本部のエンジニアの仕事

自分の「こうしたい」があれば
上司や先輩が後押ししてくれる。

第二部門 生産本部 材料・加工技術統括部
加工技術部 第三課
主査技術補
T.S.さん

2004年入社
高知工科大学 電子光工学科 卒

仕事内容を教えてください。

加工技術部は、新規パッケージを量産ラインに落とし込むプロセスを開発する部署。設備や金型などの仕様決めをして、製造の機械までつくります。第三課は成形工程を担当。私はその中で、新しい樹脂の成形方法や新規工法の開発を行っています。
製品設計の部門から「こういうパッケージをつくりたい」という図面がくるのですが、「どうしたら、そのパッケージを量産できるか」を考えるのが仕事。この樹脂だとどうつくるのがいいか、金型の仕様や設備の条件はどうするか、歩留まりやコストの最適化を実現する方法は何かなど、いろいろ検討してプロセスをつくります。

やりがいを感じるときは?

今はモノが小さくなっているので、樹脂を溶かしたり、金型に均等に入れたりするのも非常に困難です。プロセスが完成するまでには課題が山積みですが、そのハードルが大きければ大きいほど、越えられたときの喜びが大きいですね。他のメーカーがやっていないものができたときも、やりがいを感じます。

印象に残っているエピソードは?

新規パッケージでお客さまもついていて納期が決まっているものがあり、大勢で徹夜して頑張って、本当に苦労して完成させました。できないと思えるものでも、やれば必ずできる。それが今、結構売れているので、かなりうれしいです。

NICHIAってどんな会社?

開発の仕事を好きにさせてくれるし、「こうしたい」と言うと「やってみなさい」と後押ししてくれる会社です。分からないことは何でも上司に相談できるし、コミュニケーションが取れるのでやりやすいですね。

プライベートの過ごし方は?

昔はダーツにはまっていました。最近はあまり行っていないのですが、地元の友だちとダーツバーに入りびたりだったこともあります。あとは、身体を動かすことが好きなので、会社の仲間とフットサルをしたりして、気分をリフレッシュさせています。 

ページのトップへ