エンジニアの仕事[生産本部]

生産本部の役割

常務取締役
第二部門 副部門長 兼 生産本部長
A.K.さん

生産本部のアウトライン

生産本部は、原材料の調達から始まり、製造部署から生産された製品の物流まで一気通貫で担当しています。数千人のメンバーが日夜働いており、1日一億個以上のLED・LDを生産して、世界中のお客さまに出荷しています。生産拠点は、国内に4ヵ所、海外に3ヵ所ありますが、徳島県が中心です。調達、製造、物流の他に、製造技術、材料技術、加工技術、装置開発の部署があり、多数のエンジニアがその業務に携わっています。

生産本部の仕事内容とやりがい

生産本部では、いろいろな用途にLED・LDおよびその応用製品を出荷しています。自分たちが生産した製品が、車やTV、スマホに搭載されているのが分かったときは、喜びとともにやりがいを感じますね。
東京ドーム、甲子園のバックスクリーンに設置されている大型ディスプレイのLEDは当社製のものです。結婚式のスピーチで話題としてよく使わせてもらいました(笑)。
スマホの液晶のバックライト用LEDもたくさん出荷していますが、その受注変動に対応できるのも当社だけだと自負しています。
また、当社では各種材料、新規装置を社内で開発。他社にない新規工法や新規材料を量産導入できるように進めていますが、このことが当社の活力の源で、日本で生き残っていくための重要なポイントとなっています。

生産本部の本部方針

生産本部の事業方針は、「世界一の生産キャパ」を維持しつつ「世界一の合理化ライン」を構築することです。また、日本でのものつくりに、徹底的にこだわりたいと考えています。

エンジニアとしての成長

新製品の立ち上がり時期には、種々の問題が発生します。他部署と連携しながら問題解決を進めるのですが、苦労の多い製品ほど強く長続きする本物の「商品」になることが多い気がします。エンジニアの成長も同じで、若いときに苦労をして筋の良い製品、工法を見極めるセンスを磨き、いろいろなことに好奇心を持てる人が、どんどん伸びると思います。
最後に一番大切なのは「やる気 勇気 根気」です。私どもと一緒に「世界一の商品」を創りましょう。

ページのトップへ