エンジニアの仕事[品質管理本部]

品質管理本部の役割

第二部門 品質管理本部
本部長
Y.M.さん

品質管理本部のアウトライン

品質管理本部は、NICHIAのものつくりの「縁の下の力持ち」的存在。仕事としては、いろいろなものをテストする「試験」、あちこちでものを見る「検査」、異常があったときの「調査」、調査の一環として細かく調べる「分析」があります。
品質管理部と品質保証部があり、それぞれ「自社の工程内での品質を安定させるための活動」と「お客さまに対応する活動」に分かれています。

品質管理本部の仕事のやりがい

当社のものつくりのエンジニアを支える仕事をしているので、社内では頼られる存在です。また、私たちの仕事は情報管理。蓄積された試験データを誰でも見えるようにシステムを立ち上げ、次の開発に役立ててもらっています。
海外の規格に合わせて、専用の試験設備を開発しました。アメリカの規格を決めた機関のホームページに、「NICHIAは合格している」と出ているので、それはちょっと自慢ですね(笑)。

品質管理本部の本部方針

「お客さまに関する不良を出さない」ことが大きな目標です。安心して使ってもらうための品質管理なので、そもそもクレームが起こるのはよくないこと。知恵を出して安全なものを出荷しましょう、ということです。

エンジニアとしての成長

検査は決められた通りにするのが鉄則ですが、その前に、それを決める方法も必要です。機械になりきって検査する人と、どういうやり方をすれば検査できるかを決める人、どちらもいないとうまくいきません。検査する人は、機械のような正確さと感応検査のスキルを併せ持つ熟練工。決める人は、いろいろな知識を持ち新しいやり方を発想するクリエーター。どちらの道を究めても、一流の品質管理エンジニアになれます。

ページのトップへ