エンジニアの仕事[第一部門]

第一部門のエンジニアの仕事

可能性が広がる磁石の分野を
NICHIAの商品の柱にしたい。

第一部門 生産本部 開発部 第二課
S.T.さん

2006年入社
広島大学大学院 工学研究科
物質科学システム専攻 卒

日亜化学工業に入社した理由は?

地元出身徳島県で当時急成長している当社を就職先として意識していました。他にもメーカーをいろいろ調べたのですが、若い人が多いこと、利益に対して研究開発費の占める割合が大きいことから、若くても大きなチャンスを与えられる会社だと確信して入社を決意しました。

仕事内容を教えてください。

私が所属する第二課では樹脂と磁石の粉を複合化させたプラスチック磁石(またはボンド磁石)をつくっています。用途は、小型のモーターやセンサー。磁石というと金属のイメージですが、プラスチック磁石は射出成型ができるので量産性や加工性に優れているという特徴があります。また、当社のSmFeN粉末は、粒子径が3µmと非常に微細。複雑形状や一体形状などに最適です。
私の担当は、磁石の粉の周りの表面処理。樹脂と粉とくっつける目的もありますし、SmFeNが酸化しやすいので保護膜をつくることもあります。お客さまから耐熱性や耐水性や磁力などさまざまな要望が来るので、その機能を満たすものをつくるために開発に力を入れています。

心に残っているエピソードを教えて!

入社3~4年目に、今まで会社になかったものをつくりました。上司から「これを売りに行って来い」と言われ、自分でパンフレットをつくってお客さまにアピールしたのですが、結果はボロボロ。それは自分視点のアピールであり、相手がほしいものじゃなかったことが原因でした。それ以来、お客さまや上司がどういうことを期待しているかを考えるようになりましたね。

夢や目標はありますか。

新しいミッションや課題を与えられたら、自分がまずそれに興味を持って仕事を楽しくしたいと思います。また、磁石の部門を蛍光体や二次電池材料に負けないように大きくしたいですね。それを実現するために、市場のニーズに対して差別化された製品を生み出すことと、環境にいいやさしい製品を開発することを心がけたいと思います。

プライベートの過ごし方は?

妻と二人暮らしなので、休日はぶらぶらしています(笑)。徳島ヴォルティスのファンで、試合があるときは妻と一緒に応援に行ったりもしますね。あまりチームの成績は良くないのですが、その分思い切り応援ができるのでストレス解消になります。

ページのトップへ