エンジニアの仕事[第一部門]

第一部門のエンジニアの仕事

高純度の有機金属錯体は見た目も美しい。
それをつくることはそれだけでも面白い。

第一部門 V工場 開発技術部 
開発二課 主査研究員補
Y.I.さん

2006年入社
名古屋大学大学院 理学研究科
物質理学専攻 卒

所属部署の業務内容を教えてください。

V工場開発事業部は、触媒や電子材料に用いる有機金属錯体の製造技術を開発する部署。実験室レベルの合成からスタートして、製造設備を見据えたスケールアップ検討やプロセス検討などを行います。実生産が決まったら、生産技術部や製造部と協力して設備化を推進。その後、製造設備での安定生産を目指します。既存プロセスに関して、反応収率や歩留まりの改善、生産性の向上、コストダウンのための改良を重ねていくのも私たちの大切な仕事です。

やりがいを感じるときは?

実験室で自分が小さくつくっていたものが、大きな工場で大量生産されて初出荷されるときには、達成感を感じますね。実生産を開始するにあたっては、どんなに検討を重ねていても、予想外のトラブルが発生することがあります。それを一つずつ解決して、より効率的なプロセスに磨き上げていく作業も楽しいと思います。また、純度の高い有機金属錯体には、見た目に非常に美しいものがあります。高純度・高性能で、かつ外観が美しい物質を生産することは、それだけでも面白いですね。

あなたのエンジニアスピリッツとは?

それまで全く反応のしなかった原料同士が、ある不純物が混じってしまったことで急激に反応して、めでたく(?)製品化したことがありました。しかし、自分に都合のいい解釈をしないで、ポジティブな結果もネガティブな結果も、できるだけ実験結果を客観的に見るように心がけています。

NICHIAってどんな会社?

自分の考えや主張を気兼ねなく議論できる職場です。任されている製品の開発については、比較的自由に実験させてもらえるので、適度なプレッシャーがありつつも、やる気を持って仕事に臨むことができますね。

プライベートの過ごし方は?

娘が二人いるので、休みの日は子どもたちを公園に連れて行って、一緒に遊んでいます。また、イカを釣るのが好きで、会社の同僚と出かけることも。陸釣りなので手軽ですし、食事の材料にも最適です。娘もかわいいですが、イカもかわいいですね(笑)。

ページのトップへ