エンジニアの仕事[生産技術本部]

生産技術本部のエンジニアの仕事

かかるお金も規模も半端なく大きな業務。
やり遂げたときの達成感は格別だ。

総合部門 生産技術本部 第一課 第三係
係員
M.K.さん

2008年入社
長岡技術科学大学大学院
電気電子情報工学 専攻

日亜化学工業に入社した理由は?

新潟の大学に進学した私は、地元徳島にUターン就職を考えていました。NICHIAは県内一の大企業だったので、「とりあえず行ってみよう」と深く考えずに会社説明会に参加。そこでLEDの製造装置を開発・設計できる部署があることを知り、元々製品の生産プロセスに興味のあった私は、入社を決意しました。

仕事内容を教えてください。

電気の供給源である制御盤の設計を行っています。最近になって、工場の受配電設備も担当することになりました。電力会社から6万6000Vの特別高圧で電気を受電して、それを6000Vに変圧し工場内の建物に配電する仕事です。「この建物にはどういう形式で電気を送るのがベストか」「この工場は部屋の構造上このような配電にしよう」といろいろ考えながら業務を行っています。電気がなければ製造装置は動きませんし、建物の照明もつきません。その根本のところを担当させていただいているので、やりがいがありますね。

心に残っているエピソードを教えて!

2012年に辰巳工場で受配電設備の大幅な改造を行いました。普段は工場を止めることができないため、作業は年末年始のお休みのときに実施。工場を2日間停電させての作業で、夜通しかかって完成させたときには、達成感がありましたね。かかるお金も規模も半端なく大きな業務だったので印象に残っています。

あなたのエンジニアスピリッツとは?

他の人とは違うアイデアを自分の仕事に盛り込むようにしています。同じ制御盤をつくるにしても、使う機器を変えたり制御盤の小型化を図ったりと、少しでも改善できるように試みています。改善は継続しなければ意味がありません。毎日経験したことをノートにまとめて忘れないようにしていますね。また、受配電の業務は電気主任技術者の資格が必要。三種は独学で取ったのですが、次は二種にチャレンジ! 同じ電気でも受配電の方は覚えることがたくさんあるので、時間を見つけては勉強をしています。

プライベートの過ごし方は?

一人娘と遊ぶことが唯一の楽しみです。また、独身時代から音楽が趣味で、時間があるときはクラブに行ってDJをしたりしてストレスを解消しています。若い人が集まる場は、とても刺激的。たまには会社以外の人と触れ合うのもいいかなと思います。

ページのトップへ